名陶芸家殺人事件

第16巻
File10「陶芸家達の企み」
第17巻
File1「動かぬ証拠」
File2「音で殺す!?」

【登場人物】

氏名 詳細
江戸川コナン 主要キャラクター解説
毛利蘭 主要キャラクター解説
毛利小五郎 主要キャラクター解説
阿笠博士 主要キャラクター解説
目暮十三 主要キャラクター解説
土屋万吉 5代目菊右衛門。陶芸における人間国宝。毛利小五郎の大ファン。
2年前に妻と息子を交通事故で亡くす。
新作の壺「風水丸」を製作する。
土屋益子 万吉の息子の嫁。陶芸の目利きができる。
有田義彦 菊右衛門の弟子。最近腕を上げてきた。
瀬戸隆一 菊右衛門の弟子。6代目菊右衛門を継ぐといわれる。
最近は作品数が減り、少々行き詰まっている。
大谷薫 菊右衛門の弟子。自身の才能に限界を感じている。

【あらすじ】
 陶芸家であり、人間国宝である菊右衛門は、眠りの小五郎の大ファン。家に招待された小五郎達が工房を見学していると、突然、息子の嫁・益子の悲鳴が聞こえてきた。手をすべらせ、新作「風水丸」を割ってしまったのだ。菊右衛門の自信作であったが、菊右衛門は益子を慰め、事態はおさまったかに見えた。しかし次の朝、なかなか起きてこない益子を捜しに行くと、蔵で首をつっている彼女の姿が発見された。これは風水丸を割ってしまった事を悔やんでの自殺か? 誰もがそう考える中、コナンは他殺の可能性もある事に気づいた…

全事件レポート編纂室より引用

【トリック】
夜に寝入ってしまった益子は瀬戸により蔵の棚の上に寝かされ、首に縄を付けられていた。
二重構造の壺の下層に携帯電話を仕込んでおり、朝電話を鳴らすことで無意識にバランスを崩し、首吊りの状態になる仕組み。
動機は瀬戸が製作した万吉の贋作を益子が市場に流していたため。

【解決した人物】
毛利小五郎(麻酔銃により睡眠)

【使用した博士の発明品】
腕時計型麻酔銃
蝶ネクタイ型変声機

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2014-03-20 14:33:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード